緊張する場面こそリラックスを心掛ける

面接に慣れるようにしよう

転職活動を行って、企業に応募すると面接までいくようになり、面接を受けてそれを通過して採用という形の企業もあります。

多くの企業では採用には面接を行うところが多いので、面接で的確に質問に答えられることは重要です。

時には予想もしない質問もくることもあり、そのような時は戸惑うかもしれません。

しかし面接に慣れていて力を発揮出来た方が、面接であなたの考えを十分に、面接官に伝えられることが多く、面接で緊張していたり慣れていない場合は、考えがまとまらずに伝えたいことも言葉にならないときがあります。

このために、面接に慣れておくということは重要です。

もしも面接を受けるような事があれば、事前にどのような質問がくるのか予想して、それに対する答を考えておくことは必ず行いましょう。

また誰かに面接官になってもらっても、または自分一人で面接のシミュレーションをして予行演習をしておくことも、面接に慣れるためには良いことです。

面接は実際に受けてみないとどのようなものかはわかりませんので、沢山の企業に応募して面接を受けるというのも大切かもしれません。

面接リラックスする方法

面接では誰しも緊張するものです。

それは面接という特別な場所に行くというのもありますが、どんな質問がくるのだろう、正しく答えられるだろうかという心配もするからです。

まずはミスを恐れずに面接に臨むことです。

誰でもミスはするものなので、仮に面接で失敗しても恐れないことです。

もしも答えるときに言葉が詰まったら、まずは深呼吸しましょう。

言葉を間違えたりしたら、そこで慌てずに、再度言い直すようにします。

これは面接官も相手が緊張しているとわかっているので、言い直しても採用に響くようなことはありません。

もしも、面接官の質問に対して答が出なくて頭が真っ白になったら、それをまずは面接官に伝えるという方法もあります。

緊張しているので少し考える時間を下さいというのです。

そして多少の時間をかけて答を考えて、それをはっきりと伝えるようにするのです。

面接で一番行ってはならないのは、緊張をほぐすために髪を触ったり鼻を触ったりしてごまかすことはしてはいけません。

また質問に対する答を間違えてしまったときに、間違えをごまかそうと苦笑いをしたりするのも良くないです。

自分の状態をごまかそうとするのは行ってはいけません。

また質問に対する答を間違えて、恥ずかしさのあまり何も言わずに慌てて面接室を飛び出すようなことは、自分から採用を断っているようなものです。

転職活動で面接に臨む方は、少しのミスぐらいは恐れずに、答をしっかりと面接官に伝えるようにしましょう。

Published by