大事なのは事前準備

事前準備は大切

企業の採用面接を受けることとなった場合は。
事前準備を行うことはとても大切です。

準備も行わずに面接に行くことは、採用を自分から断るようなものです。

なかなか書類選考では通るのに、面接になると落とされてしまうというのは、面接への準備が足りないのも要因です。

面接は緊張するものでもあるので、それを克服するためにも準備は必要です。

面接のシミュレーション

それでは面接はどのように行われるのか流れを見てみましょう。

・入室

まずは面接室への入室です。

軽くノックをしてドアを開けて、失礼しますといって入室します。

面接官を見て目を合わせてよろしくお願いします、と言い一礼します。

おかけください、と言われたら着席します。

・質問と答え

座るといよいよ面接が始まります。

まずはあなたの住んでいる場所や会社までの時間など、簡単な一般的な会話から始まります。

そして次第に慣れてきたときに、本題となる質問をされます。

志望動機は何ですか?転職理由はなんですか?などのことは必ず聞かれ、採用されたらどんな仕事をしたいか、当社の印象についてなども場合によっては聞かれます。

このような質問に対する答が一番重要であり、事前のシミュレーションでは答えられるようにしておきましょう。

もしも希望の給与額を聞かれた場合は、御社の規定に従う旨を伝えるのが無難です。

面接の最後には、何か質問はありませんか?と聞かれます。

面接で理解できなかったことや、会社についてなどを聞くと良いです。

一例としては、残業はあるか、人材育成は行っているか、中途採用された方のキャリアアップは出来るのか、などがあります。

・退室

面接が終了すると、あなたは椅子の横に立って一礼して、その場でありがとうございましたと言い、さらにドアの前に来たら再度面接官に向かって一礼して退室します。

面接を受ける前にシミュレーションしておこう

面接を受けるようになると、大まかな流れは上記のようになりますので、必ず事前にシミュレーションをして、質問に対して答えられるようにしておきます。

面接での質問される内容も多岐にわたりますので、面接の解説サイトなどで質問内容を確認して、答を考えておくべきです。

どのような答をするかによって、採用の合否は決まると言っても過言ではありません。

質問の答えも、あなたが新社会人になって浅い20代なのか、または仕事をある程度こなしてきた30代近くかそれ以上の場合でも、答は違ってくるでしょう。

また面接を受けるときは、スーツを着用して汚れがないような服装を着ておく、入室や退室時は礼儀正しく挨拶をして入退室する、質問に対する答ははっきりと大きな声で聞こえるように答えるということは、出来て当たり前のことなので、どのようにするかこれも事前に調べて練習しておきましょう。

Published by