大事なのは事前準備

事前準備は大切

企業の採用面接を受けることとなった場合は。
事前準備を行うことはとても大切です。

準備も行わずに面接に行くことは、採用を自分から断るようなものです。

なかなか書類選考では通るのに、面接になると落とされてしまうというのは、面接への準備が足りないのも要因です。

面接は緊張するものでもあるので、それを克服するためにも準備は必要です。

面接のシミュレーション

それでは面接はどのように行われるのか流れを見てみましょう。

・入室

まずは面接室への入室です。

軽くノックをしてドアを開けて、失礼しますといって入室します。

面接官を見て目を合わせてよろしくお願いします、と言い一礼します。

おかけください、と言われたら着席します。

・質問と答え

座るといよいよ面接が始まります。

まずはあなたの住んでいる場所や会社までの時間など、簡単な一般的な会話から始まります。

そして次第に慣れてきたときに、本題となる質問をされます。

志望動機は何ですか?転職理由はなんですか?などのことは必ず聞かれ、採用されたらどんな仕事をしたいか、当社の印象についてなども場合によっては聞かれます。

このような質問に対する答が一番重要であり、事前のシミュレーションでは答えられるようにしておきましょう。

もしも希望の給与額を聞かれた場合は、御社の規定に従う旨を伝えるのが無難です。

面接の最後には、何か質問はありませんか?と聞かれます。

面接で理解できなかったことや、会社についてなどを聞くと良いです。

一例としては、残業はあるか、人材育成は行っているか、中途採用された方のキャリアアップは出来るのか、などがあります。

・退室

面接が終了すると、あなたは椅子の横に立って一礼して、その場でありがとうございましたと言い、さらにドアの前に来たら再度面接官に向かって一礼して退室します。

面接を受ける前にシミュレーションしておこう

面接を受けるようになると、大まかな流れは上記のようになりますので、必ず事前にシミュレーションをして、質問に対して答えられるようにしておきます。

面接での質問される内容も多岐にわたりますので、面接の解説サイトなどで質問内容を確認して、答を考えておくべきです。

どのような答をするかによって、採用の合否は決まると言っても過言ではありません。

質問の答えも、あなたが新社会人になって浅い20代なのか、または仕事をある程度こなしてきた30代近くかそれ以上の場合でも、答は違ってくるでしょう。

また面接を受けるときは、スーツを着用して汚れがないような服装を着ておく、入室や退室時は礼儀正しく挨拶をして入退室する、質問に対する答ははっきりと大きな声で聞こえるように答えるということは、出来て当たり前のことなので、どのようにするかこれも事前に調べて練習しておきましょう。

緊張する場面こそリラックスを心掛ける

面接に慣れるようにしよう

転職活動を行って、企業に応募すると面接までいくようになり、面接を受けてそれを通過して採用という形の企業もあります。

多くの企業では採用には面接を行うところが多いので、面接で的確に質問に答えられることは重要です。

時には予想もしない質問もくることもあり、そのような時は戸惑うかもしれません。

しかし面接に慣れていて力を発揮出来た方が、面接であなたの考えを十分に、面接官に伝えられることが多く、面接で緊張していたり慣れていない場合は、考えがまとまらずに伝えたいことも言葉にならないときがあります。

このために、面接に慣れておくということは重要です。

もしも面接を受けるような事があれば、事前にどのような質問がくるのか予想して、それに対する答を考えておくことは必ず行いましょう。

また誰かに面接官になってもらっても、または自分一人で面接のシミュレーションをして予行演習をしておくことも、面接に慣れるためには良いことです。

面接は実際に受けてみないとどのようなものかはわかりませんので、沢山の企業に応募して面接を受けるというのも大切かもしれません。

面接リラックスする方法

面接では誰しも緊張するものです。

それは面接という特別な場所に行くというのもありますが、どんな質問がくるのだろう、正しく答えられるだろうかという心配もするからです。

まずはミスを恐れずに面接に臨むことです。

誰でもミスはするものなので、仮に面接で失敗しても恐れないことです。

もしも答えるときに言葉が詰まったら、まずは深呼吸しましょう。

言葉を間違えたりしたら、そこで慌てずに、再度言い直すようにします。

これは面接官も相手が緊張しているとわかっているので、言い直しても採用に響くようなことはありません。

もしも、面接官の質問に対して答が出なくて頭が真っ白になったら、それをまずは面接官に伝えるという方法もあります。

緊張しているので少し考える時間を下さいというのです。

そして多少の時間をかけて答を考えて、それをはっきりと伝えるようにするのです。

面接で一番行ってはならないのは、緊張をほぐすために髪を触ったり鼻を触ったりしてごまかすことはしてはいけません。

また質問に対する答を間違えてしまったときに、間違えをごまかそうと苦笑いをしたりするのも良くないです。

自分の状態をごまかそうとするのは行ってはいけません。

また質問に対する答を間違えて、恥ずかしさのあまり何も言わずに慌てて面接室を飛び出すようなことは、自分から採用を断っているようなものです。

転職活動で面接に臨む方は、少しのミスぐらいは恐れずに、答をしっかりと面接官に伝えるようにしましょう。