野菜畑

有機農産物とは?

有機農産物と書かれた野菜やお肉のパッケージを見たことがある人も少なくないでしょう。そこで有機農産物とオーガニックの違い、有機栽培の違いを徹底調査してみました。

オーガニックと無農薬野菜と有機栽培の違い

オーガニック野菜

オーガニック野菜のオーガニックを辞書でひくと「有機」という意味が一番に出てきます。

オーガニック野菜のさす「有機」はおもに肥料に使われる肥料の事を指しています。

オーガニック野菜はもともと米ぬかや生ごみなどを肥料にした栽培方法です。つまり有機栽培で育成された野菜が、オーガニック野菜となるわけです。

有機栽培

有機栽培は原則農薬不使用の野菜です。(ただし完全に農薬を使わないのでなはなく、一部の作物では法律で定められた許容範囲で農薬を使う場合もある)

有機栽培でつくられた農産物は農薬のほか、化学肥料を使用しないで栽培され、さらに農林水産大臣から有機農産物であることを認められなければなりません。

また栽培する環境にも厳しい規制がしかれています。


  • 有機野菜を栽培する土地には栽培の2年以前農薬や化学肥料を使用しない

  • 土壌の性質にあった作物の農産物をつくる

  • 農業生産で発生する環境への負荷をできる限り抑える</li> 遺伝子組み換え技術は使用してはいけない

農業生産で発生する環境への負荷をできる限り抑える</li> 遺伝子組み換え技術は使用してはいけない

無農薬野菜

以前は無農薬野菜として農産物を販売されていました。しかし、これらの表現は生産者によりことなったり、無農薬の定義がちがったりして消費者に誤解を与えやすいという理由で、平成16年に「無農薬野菜」と作物に表示するのは禁止になりました。

そこで、農薬を全く使用せずにつくった野菜には、農薬を使用していない表記をすることに。

例えば

農薬を野菜育成期間中使用していない場合・・・「農薬:栽培期間中不使用」

農薬を使用した場合・・・「節減対象農薬以外仕様 ※ただし栽培期間中は不使用」

など野菜のラベルに明記しなければなりません。

特徴

オーガニック野菜や有機栽培で栽培された野菜には必ず有機JAS規格に登録しなければなりません。法律に沿って登録認定の審査を受けて初めて「有機JAS認証」を取得できます。

値段

多くのスーパーでは、普通に栽培された野菜は、有機野菜の半額以下の値段で購入できるもがほとんどです。イメージ的には普通の野菜より有機栽培の野菜は2~3倍高いようです。これは有機野菜を栽培すると、虫を寄せ付けないためのあみや、病気になっていないかこまめにチェックしなければならです。

育て方について

有機栽培の野菜を栽培するには土から作り直さなければなりません。有機栽培に適合した土にするまで2年以上経過した土地でないと有機野菜として認可が下りないからです。

そのため、耕作地として使わずに雑草をわざとはやして、農薬や化学肥料を吸収させるなどさまざまな工夫が必要になってきます。

転職に向いているタイミング

自分の都合で考える場合

転職しようと思うと、引き継ぎなどが必要であり、また新しい職場を探す時間とお金も必要となります。

一つ考えないといけないのは年齢であり、30を過ぎると転職は厳しくなり、40だと職種を絞らないと仕事が見つからなくなり、50過ぎると転職は厳しい。

このために、あまり年を重ねてからの転職はよほど慎重に行わないといけません。

転職にはお金がかかるので、たとえすぐに転職しようと思っても、ある程度お金を貯めてから行った方が無難です。

ボーナスをもらってから転職活動を始めるというのも良いでしょう。

引き継ぎのことも考えると、引き継ぎをすると1ヶ月ぐらい時間は必要なので、その期間を計算に入れて転職を考えることも大切です。

意外に引き継ぎを行ったら時間がかかるということもあります。

時期で考える

転職するなら転職活動をする人が少ない方が、企業に応募するにしてもライバルが少なくて転職しやすいです。

転職希望者が多い時期は3月から4月と9月から10月のこの時期は年度が変わるので、求人も多くなりそれに伴い転職する人も増えます。

この時期は求人が多いので仕事を見つけやすいですが、逆に応募企業でのライバルも多くなります。

そして転職希望者が増える時期はもう一つあり、ボーナス後の時期もそうです。

これは先に記載したとおり、ボーナスをもらってから転職しようと考える人が多くなるからです。

逆に求人が少なくなる時期は2月と8月です。

この時期は求人が少ないので、仕事は探しにくい時期となります。

その他の要因

転職をするなら出来るだけ長く勤めていた方が有利です。

あまり短い期間しか働いていないのに、転職をしようとする、または頻繁に転職を繰り返すような場合は、人事担当者には良い印象は持たれません。

もしも今の会社での在籍期間が短く転職する場合に、次の企業で採用面接があればなぜすぐに前の会社を辞めたのかは必ず聞かれます。

このことを具体的に答えられないといけません。

転職を有利に進めるなら資格を持っていた方が良いです。

それも次の会社で役に立つような資格を取得していると尚有利です。

そのために、在籍中に転職を考えるなら、次の会社の職種に適した資格を取得して、それから転職活動を始めるというのも良いです。

ただし企業で役立つような資格は、取得するまでにも時間がかかり、取得も難しい場合が多いので、必ずしも転職のためにスムーズに資格取得できるとは限りませんので、自分が転職時までに取得できるか考えておくと良いです。

資格と言っても、転職を希望する会社で役に立たないようなまったく関係ない資格は取得するだけ無駄なので、そのような資格を取得するのは止めましょう。

転職を決意したら~退職願の伝え方~

話を切り出す相手

もしも退職を決意したなら、その意志を会社の人に伝えないといけません。

その話をするのはあなたの直属の上司に言うことであり、人事部長や社長などに突然いうのは良くないです。

誰よりも先に直属の上司に退職したいことをいいます。

話をする場合は、みんなのいる前ではなく、第三者のいない場所で行うのが常識です。

上司にお話ししたいことがあると言って、場所を変えてもらいましょう。

そして第三者のいない場所に移動したら、退職したいことを伝えます。

上司に話したとしても、退職が認められるまでは同僚などに退職のことを言ってはいけません。

その後上司は上の者と、公認は誰か、退職時期は問題ないかなどを相談し、それらが終わると正式に退職が決定し周囲に知らされます。

法律では退職を伝えてから2週間経てば退職できるとなっていますが、会社によっては1ヶ月前に申し出ることなどと決められている所もあるので、それに従って退職時期を決めておきましょう。

もしもボーナスをもらってから退職したいなら、査定が出てから退職を願い出るべきです。

査定前に退職を伝えると、査定額が減ることもあります。

退職理由の伝え方

退職理由を聞かれた場合は、個人的な理由により退職すると伝えるのがベストです。

いくら会社に不満があるので辞めるとしても、それを洗いざらし全部話すと円満退職から遠ざかります。

これは最初に退職を伝える上司に対してもそうであり、また周囲の同僚に対しても同じように不満はあまり言わない方が良いです。

退職が正式に決定して、その後会社から退職願の提出を求められた場合にのみ、手渡しで上司に渡します。

求められてもいないのに退職願を提出するのは避けましょう。

引き継ぎなどもありますので、退職までにはそのような事も考えて行っておくとスムーズに退職出来ます。

引き留められた場合

退職を申し出て引き留められる場合もあります。

まず考えられる理由として、あなたが会社にとって必要とされている場合であり、なんとか説得しようとする上司もいます。

しかしこのような引き留められた場合でも、あなたは退職するという決意が変わらないことを貫きましょう。

もしも直属の上司が退職を認めないなら、さらに上の上司や人事部に相談しましょう。

また退職を申し出ても、待遇の改善や希望部署への配属などの条件を出して、退職を撤回させようとする場合もあります。

しかしこのような場合でも、あなたは退職の意志を貫くべきです。

なぜなら、このような改善の提案は口約束で守られないことがあるからです。

もしも待遇改善を提案されたら、本当に親身になって言ってくれているのか確認しましょう。

それで気持ちが揺らぐなら退職するかどうか、もう一度考えるべきです。

就職・転職先で馴染む方法

新しい職場に慣れる期間

就職や転職で新しい職場で働くこととなり仕事を始めてから、その職場に慣れるまでの期間はおおよそ1ヶ月ぐらいと言われています。

そして、さらに職場の人との関係を築いていくまでには長くて半年程度必要です。

しかし実際に仕事を始めたとしても、職場になじめずに対人関係などで悩む方も多いです。

スムーズに職場で働けるようになるために、まずは職場に慣れることよりも仕事を覚えることから始めましょう。

仕事も覚えていないのに、職場の人との関係を築いていこうとするのは、なれなれしい人だと思われます。

相手から話しかけられる以外の時は、プライベートな話などは、仕事を覚えてから行った方が無難です。

新しい職場で仕事を始めたばかりの頃は、覚える仕事も多く、会社のシステムのも慣れないといけないために、ストレスの多い時期でもあります。

この時期は自分の体調や精神を正常に保つように努力して、仕事に影響がないように勤めると良いです。

ストレスなどが多いと、仕事でミスをしたりすることもあるので注意しましょう。

職場に早く慣れるには

新しい職場で仕事を始めたら、まずは基本的なことはすぐに覚えるようにしましょう。

コピー機やパソコンの使い方や、電話や文房具の位置や、朝礼や昼休みなどその会社独特の決まりなどを早く覚えるようにします。

このような基本的なことは、会社で毎日必要となることなので、早めに覚えていけば会社内で動きやすくなります。

このような仕事での基本的なことを覚えれば、その後のメインの自分の仕事内容も覚えやすく、職場にもいち早く馴染んでいけます。

少しずつ職場に慣れてきたら、積極的にコミュニケーションも取ると良いでしょう。

特に仕事を始めたばかりの頃は、仕事で分からないことも多いかと思います。

そのような時は遠慮せずに先輩や同僚に、分からないことを聞いて解決していきましょう。

わからないことをわからないままにするのは、職場に馴染むのを遠ざけてしまうことでもあります。

なかなか職場に馴染めずに時間が経っていくと言う人は、思い切って上司に相談してみるという方法もあります。

相談することでアドバイスがもらえるのはもちろんのこと、誰かに相談することがきっかけとなって馴染めていくこともあります。

希望する会社に就職できたとしても、どんなに待遇が良くても、職場に馴染めずに仕事がしにくいとなると、これからその会社で働くのは辛いものとなるでしょう。

しかし誰でも新しい会社に行けば、最初は知らない人と知らない職場で働くこととなり、少しずつ時間をかけて馴染んでいくこととなります。

あまり焦らずにじっくり時間をかけて馴染んでいくと良いでしょう。