転職は素早く行うべき

転職には時間もお金もかかる

今の仕事を辞めて違う仕事をしようと転職を決めて、仮に就職活動を始めたとして、今日始めて明日に仕事が決まるというわけではありません。

早い人で1ヶ月遅い人で1年以上次の仕事が見つかるのに時間がかかり、その間は就職活動のためのお金も必要です。

この間にハローワークや就職サイトを利用して、自分の希望する仕事を見つけていくわけとなりますが、早く仕事を決めないとその間は無職であり、収入の無い状況で次の仕事を見つけていきます。

失業保険があるといっても、それは数ヶ月分だけであり、あまりのんびりと就職活動をしていると生活のためのお金もなくなっていきます。

このために、生活の為にも早めに次の仕事は見つけるべきでしょう。

期限を決めて転職活動を行う

理想的なのは、現在の仕事をしている間に次の仕事を決めて、仕事を辞めてもすぐに次の会社で仕事が出来る状態にすることです。

しかしながら、仕事をしながらの転職活動は、時間的圧迫されることも多いので、じっくりと希望先を探したいなら、仕事を辞めて探す方が良いでしょう。

ただし長々と探すのではなく、やはり次の仕事をいつまでに決めるか期間を決めて転職活動をすべきです。

一つの目安としては3ヶ月間を区切りとすると良いです。

こうすることで転職する一つの目標が明確となります。

仕事を探すときに探す期間を決めることは、次の働き先を探すときにも良い影響を与えます。

まず期間を決めることで、真剣に仕事先を探すようになり、だらだらと探すことが無くなります。

もしも手持ちのお金が少ないなら、嫌でも真剣に探すこととなるでしょう。

転職サイトなどで希望先を見つけるときにも、この仕事よりもっと良い会社はあるのではないかという、迷いを無くして仕事を探すことも出来ます。

希望の会社に応募するときにも気持ちが違ってきます。

期間があればだらだらと探すことは出来ませんので、自然と履歴書にも力が入り、もしも面接があった場合にも事前に予行演習などを行って、最善の状態で臨もうとするはずです。

これが期間を決めずに転職活動をすると、とりあえず良さそうな会社なので応募してみようかという、身の入らないような仕事探しをすることもあり、このような状態ではなかなか仕事も見つかりません。

期限を決めるというのは、転職活動でのお金の面でも計画を立てやすいです。

1ヶ月にどれぐらいの企業に応募して、面接などにはどれぐらいいくのか、そのためのお金はどれぐらい必要なのか、予算内で応募できる企業はどこか、または遠くの企業は応募するのかどうかなども決められて良いです。

まず転職活動を始めたたら、どれぐらいで仕事を見つけるか期間を決めましょう。

Published by