和菓子職人として働く

仕事内容

和菓子職人はその名の通り和菓子を作るのが仕事です。

和菓子と言ってもいろいろあり、餡や小麦の生地、白玉やきな粉や栗など色々な素材を使ってお菓子を作っていきます。

これを蒸したり焼いたりしてお菓子として作っていくわけであり、生菓子や干菓子が出来上がります。

茶道と共に発展してきたお菓子であり、和菓子はお菓子としての食べるだけの目的に留まらず、味はもちろんのこと、見た目も考えて作られており美しく作るというのも制作の目的となります。

そのために、赤や青と言った着色された生地なども使ってお菓子を彩り、色鮮やかなお菓子として完成させます。

そして和菓子の醍醐味としては季節感を表現することも大切です。

夏は水ようかんのような涼しさを与えるような見た目のお菓子を作り、秋は柿をかたどったお菓子を作ったりと、季節感を表現するのも忘れてはなりません。

そのためには、その季節にはどのような花や木があり、季語なども覚えるとよい季節を表わしやすいです。

和菓子職人として働くために

有名な職人に弟子入りして学ぶという方法は今はあまり行っていなく、専門学校で学んだ後に和菓子店などに行くか、またはそのまま和菓子店や和菓子メーカーなどに入り勉強していくという方法が一般的です。

専門学校は高卒で入れるところが多いですが、中卒でも受け入れてくれるところがあり、早く和菓子職人を目指すならすぐに専門学校に行くべきです。

専門学校に行く、菓子衛生士などの資格を取得すると就職には有利に働く場合もありますが、メーカーによっては未経験の何も持っていないようなまっさらな人を望むところもあります。

もしも働きたい場所が決まっているなら、どうすればそこへ入社できるのか調べてから進み方を決めると良いです。

基礎から学びたいと思うなら専門学校に行った方が良いです。

和菓子の事のみではなく、製菓の基礎も身につける事が出来、あとあと役に立つこともあるでしょう。

ただし専門学校の先生によって教える細かい部分は違ってきます。

実際に働こうと和菓子店を目指すとしても、求人はあまり多くはありません。

人の入れ替わりの激しい業界でありながら、和菓子職人として学べるスタートラインにいる方も少ないので、余計に採用数は少なくなります。

和菓子職人の世界は実力勝負であり、他の業界の職人達と同じように実力がないと続けられません。

既存の和菓子のみならず、自分で創作して新しい和菓子を生み出していくことも大切であり、創作力がないと職人としてやっていくのは難しいです。

しかし職人を目指さない場合は、和菓子メーカーに入社して、メーカーが作っている既存の和菓子を作っていくという方法もあります。

調理師として働く

仕事内容

調理師はその名前が示すとおり料理を作るのが仕事であり、レストランやホテルなどの調理場で仕事をします。

また学校や病院の食事を作ることもありますが、日本料理なら板前というように独自の呼び方をされる場合もあります。

仕事として料理を作っていくには、調理師の免許が無くても出来ますが、調理師の免許が合った方が就職では有利です。

もしも未経験から仕事を始めるなら、すぐに料理をさせてもらえるわけではなく、見習いとしてスタートします。

見習い期間中は雑用が主な仕事であり、調理場の清掃と道具などの用意、皿洗いや盛りつけなどを行います。

誰より早く仕事場に来て準備をして、夜遅くまで残り掃除などをしてくという期間を経ていきます。

見習いとして働いていくと、徐々に料理もさせてもらえるようになり、やがて一人前となっていくのです。

そして一人前と言われるようになると、料理以外のことも行うようになり、食材の仕入れやメニュー開発、店舗管理なども行います。

また料理人として有名になっていくと、料理コンクールなどにも出場する方もいます。

調理師として働くには

調理師の免許を取得するには、調理師学校に入り1年以上勉強する、レストランなどで2年以上実務経験を経たのちに調理師試験を受ける、という2つの方法があります。

調理師学校に入れば基礎から学ぶことが出来試験無く免許が取得できますが、その後はやはり仕事を実際にして経験を積まないといけません。

料理作りを仕事とするなら、調理師免許なしでも仕事は出来ますので、別にすぐに免許を取得しないといけないと言うことではありません。

職種によっては兎に角経験を積んだ方がよい場合もあり、寿司職人などを目指す方は、免許よりもすぐにどこかの寿司屋に入り、そこで技術を磨くことに専念します。

調理師の免許を取るべきかどうかは、どこで働くかで考えるべきでしょう。

しかし免許を取得するにしてもしないにしても、どちらでもやはりどこで働く場合でも見習い期間は必要です。

このような期間は先ほども記載したとおり、お店に慣れて雑用をこなしていく期間となり、掃除や仕込みや後片付けもやらされて、仕事時間も長いので、体力も使うことも多いです。

このような期間はどんな料理を作るにしても、避けられない時期でしょう。

そのような見習い期間を終えて一人前の料理人として働くことができ、中には独立して自分の店を持つ方もいます。

また世界で働く方もおり、フランス料理などを本場で作っている人や、また最近は日本料理も世界で人気があるので、各国で日本料理を作っているような人もいます。

有名になればテレビに出たり、雑誌に掲載されるような方もいます。

面接以外の身のこなしも採用の判断基準に

第一印象は数秒で決まる

面接はあなたが面接室に入った瞬間から、面接官による採用審査は始まっています。

これはあなたの印象を、面接官が始めて見た瞬間に印象が決まり、印象の良し悪しでその後の面接もどう進むかも決まります。

そして第一印象が悪いと、面接官は面接を早く切り上げようと思うかもしれません。

実は第一印象は数秒で決まり、早ければ2秒ですでに印象が出来上がります。

入室するときは背筋を伸ばして歩く、面接中は小さくスマイルで笑顔を作るということは行った方が好印象になります。

面接官の話には、「はい」や「そうですね」などとうなずく、何かを言うときは小さなジェスチャーを交えるというのも良いです。

逆に大げさすぎるジェスチャーは悪印象になります。

とは言っても、自分の仕草や表情は直接自分で見れるありません。

このために、鏡やビデオカメラを使って、自分の表情を確かめて、好印象になるような仕草や表情を作る練習をしておくと良いです。

染みついてしまった悪い仕草や表情などは、なかなか直らず自然と出ることもあるので、このようなものも鏡やビデオカメラで確かめて直していくと良いです。

面接中に緊張するあまりに、髪や鼻を触ったりするような方もいますが、これは良くありません。

面接官に自分の話を真剣に聞いていないように思われ、印象も悪くなります。

また、答の途中で噛んで躓いたりして、笑ってはぐらかしたりするのも良くないです。

このような日頃から出る仕草のクセも直すようにした方が、面接では面接官に与える印象も違ってきます。

しかめっ面はしないようにする

意外に本人は意識していないつもりでも、自然と出てしまうのがしかめっ面です。

眉間に皺を寄せて不満のあるような表情であり、本人は不満などがなくても面接でこのような表情になる方は多いです。

それは緊張して、自然と表情がこわばってしまうときと、もう一つ面接官の質問に真剣に考えるあまりに表情が固まってしまう時です。

それと同じぐらい面接官に悪印象を与えるのが無表情です。

無表情でいると、面接官の質問や話が本当にあなたに伝わっているのかわかりにくく、相手が話を真剣に聞いているのかわからないので、自然と面接官の印象も悪くなります。

面接官の質問に答えたので、後は相手に任せておけばいいだろうなどと思うと、表情は硬くなります。

自然と面接に力を入れて、面接官の話も聞いていけば熱意も沸いてきて、うなずいたり表情をつくったりするはずです。

面接では流暢に詰まらず話そうとする必要はありません。

素直に相手に質問に対する答を伝えようとこころがけ、面接中は表情がこわばったり無表情になったりしないように気をつけましょう。

身だしなみのマナー

スーツの場合

スーツを着用する時は派手な色は避けて、黒かグレーにしましょう。

スーツからワイシャツにネクタイに鞄や時計などはすべて綺麗にしておき、時計なども金ぴかの時計は止めて落ち着いた感じのものを身につける方が無難です。

スーツは移動時にしわになったりすることがあるので、しわに注意しておきましょう。

靴は革靴を履くようにして、これもあまり派手な色の物は避けて、泥などの汚れが付かないように綺麗に保ちましょう。

男性の場合の髪型は短めの黒にして、寝癖は直しておきます。

女性の場合の髪型は黒または自然色の茶色にしておき、ショートヘアなら耳を出した方が明るいイメージになり、ミディアムからロングヘア場合は、後ろで束ねると良いです。

くれぐれも派手すぎる色に髪を染めるのはやめましょう。

女性でメイクをするときは、ナチュラルメイクを心がけて、ベースメイクは肌の色に近いものにします。

つけまつげは付けないようにします。

男性でも女性でも香水をつけるのは止めた方が良く、仮につけたとしてもつけすぎると臭くなります。

汗が気になるなら制汗スプレーなどを使いましょう。

爪は短く切っておき、マニュキアはつけないようにします。

私服の場合

面接では、企業によっては服装は自由、または私服でと指定されることもあります。

私服となるとスタイルはいくつもあるので、どのような服で行けば良いか迷うでしょう。

目指すべきはオフィスカジュアルという服装であり、無難なのはジャケットを着ていくことです。

男性の場合は、ジャケットにシャツを着て下はチノパンというスタイルが無難であり、前身を黒一色でまとめるのは避けた方がいいでしょう。

ライトグレーなどの明るい色の中で黒を使うと落ち着いて見えます。

靴は黒の革靴がベストです。

女性の場合は、上はジャケットに襟付きのシャツが良く、下は膝丈スカートや黒のパンプスが良いです。

これらの服装だと女性らしく上品に見えます。

間違っても短いスカートなどはやめておきましょう。

いくら私服でよいと言っても、ジーンズなどにする、サンダルなどを履く、革ジャンやパーカーを着る、リュックなどを背負うのは止めた方が良いです。

女性の場合は露出の多い服装は避けるべきです。

アパレル業界などを除いた面接では、私服で来ていいと言われても、これは普段着で来て下さいと言う意味ではありません。

面接にふさわしい私服で来て下さいという意味です。

また服装以外の部分の、爪は短くする、髪は清楚に保つ、香水は付けない、などの身だしなみの部分はスーツの場合と同じであり、清楚に保つように心がけます。

さらに、服装では着ていく私服は汚れていない綺麗なものを着ていきましょう。