書類

どんな資格・スキルが必要?

どのような資格やスキルがあるか

飲食店や外食産業で働こうと思う場合でも、特に資格は必要なく、決められた資格を持っていないと働けないということもなく、未経験でも採用されれば働けます。

様々な職種があり、店舗も多いので、色々な求人もあります。

資格が無くても働けますが、資格を持っていた方が仕事がしやすい、待遇面で有利になるということはあります。

さらには転職で食品業界に行くとなると、その業界に関する資格があると転職はスムーズになります。

食品業界向け資格

以下に紹介する資格は、食品業界で働くときに有利になる資格です。

・調理師
レストランなどの飲食店などで働く場合は、この資格取得者のみを募集しているというところもあり、料理の腕の前に資格の有無で書類選考で落とされます。

また調理師と名乗れるのは、この免許を持っている人だけです。

免許保有者しか募集していないところに入りたいなら、取得しないといけないでしょう。

・栄養士
栄養を管理するのが仕事であり、公的機関では募集も多いです。

病院や学校での採用が多く、飲食店やその業界でも必要とされる資格です。

ただし栄養関係なので、料理とは少し離れるかもしれません。

・菓子製造技能士
所謂これはパティシエとなりたい人向けの資格です。

菓子作りや食品衛生や食の安全に関する知識がないと取得できない資格であり、この資格は華やかなイメージもあるので、女性で取得する方が多いです。

またパティシエとして独立したいなら取得しておいた方が良いです。

・ソムリエ
名前を知っている人も多いこの資格は民間資格です。

ワインを選ぶのが仕事のように思えますが、この資格ではワインを中心として接客サービス全般を行うこととなります。

本格的な接客を目指したいと言う人も取得しても良い資格です。

・ふぐ調理師
ふぐの調理は専門の資格を持った人のみ料理する事が出来、この資格は取得するのは難しいですが、その分仕事をすると給料は高いです。

和食の世界にいくなら、ふぐ調理師の免許を持っているだけで採用に有利であり、給料も高給となります。

その他にもいくつか食品業界に関連する資格はあり、きき酒師やパン製造技能士やワインアドバイザーなどの資格があります。

しかしながら、食品業界で働きたいので、どの資格でも取得していれば仕事や採用で有利になるとは限りません。

その食品業界の働きたい業種に関する資格を取得しないと、それ以外の場所ではまったく意味のない資格となってしまいます。

また、このような資格は取得するのにも時間がかかるので、気軽に取得するというわけにはいかず、まずは何処で働きたいか考え、それに必要な資格はあるのか調べることから始めるべきでしょう。

Published by