テーブルコーディネーターとして働く

食に関する空間づくりのお手伝いをする仕事

テーブルコーディネーターの仕事はいろいろな場所で行われます。
例えば、レストランの各テーブルのコーディネートや、ホテルのパーティー、結婚式などにおけるテーブルコーディネート、料理関連書籍や雑誌の撮影におけるテーブルコーディネートなど、活躍の場はさまざまです。

テーブルコーディネーターは、自分の持っているセンスも重要ですが、クライアントの求めるテーブルコーディネートを作ることができる、相手のニーズを満たす能力が重要になります。
美しいテーブルを作ることはもちろんですが、色彩を考えるのはもちろん、季節に応じたテーブルコーディネートを求められることもありますので、さまざまな依頼に柔軟に対応できる能力も求められます。

テーブルコーディネーターになるには

国家資格などを取得する必要はありませんがテーブルコーディネートに関する知識や技術をみにつけるために、関連する専門学校や家政科の大学などに進学して、料理やテーブルコーディネートに関する勉強をした上で、ホテルやレストランに就職するという流れが一般的です。

そのほか、料理関連の仕事をしながら培ったネットワークから、テーブルコーディネーターの仕事に少しずつ関わっていくという人もいます。
テーブルコーディネーターになろうとしてなったわけではなく、知識があることを評価されて仕事を依頼され、少しずつ依頼が増えていってテーブルコーディネーター1本になっていくという人も少なくないようです。

就職して実務経験を積んだ人は、料理教室を開いてテーブルコーディネートについての講座を開くなどの独立開業をする人もいるほか、フリーになってテーブルコーディネーターとして活動する人もいます。
活躍の場はいろいろありますが、テーブルコーディネーターの需要自体がそこまで高いわけではないので、料理関連の仕事をしながらテーブルコーディネーターの仕事をするなど、いろいろな仕事を並行して行っている人も少なくないようです。

テーブルコーディネーターに向いている人

クライアントの希望をしっかり汲み取り、テーブルコーディネートに反映することができるヒアリング能力や表現能力のある人は、テーブルコーディネーターに向いています。
クライアントと円滑なコミュニケーションを取るためのコミュニケーション能力も重要です。

フリーで活動する人は、自分で仕事を取らなければなりませんので、「この人に仕事をお願いしたい」と思わせる人間力や、仕事に対する真面目な姿勢なども求められます。
テーブルコーディネートに関する知識や技術はもちろんですが、たくさんの人と関わる仕事ですので、コミュニケーション能力がとても重要な仕事であるといえるでしょう。

Published by