すし職人として働く

一人前になればその技術は年老いても活かせる

日本の職人、しかも食べ物の分野となれば、やはりまっさきに思い浮かぶのは「すし職人」ですよね。
すし職人はその名の通り、寿司を握る人のことを指しますが、すし職人は握り寿司だけではなく、巻き寿司や押し寿司などいろいろな寿司を作ります。

また、寿司を作るのはもちろん、寿司の材料となる魚の仕入れからシャリ作りなど、一つの寿司を握るにもさまざまな工程があるので、それらを修行しながらしっかり勉強しなければなりません。

一人前のすし職人になるまでの道のりは長く険しいですが、自分の寿司を握れるようになったら独立も可能で、人気店になるとかなりの売上になるなど高収入を得られます。
また海外では寿司を含めた和食が高い評価を受けており、海外で独立開業するというのも夢ではありません。
習得した技術は、自分が寿司を握ることができなくなるまで長く活かすことができますので、本気で目指すのであればやりがいのある仕事です。

すし職人になるには

すし職人になるために資格などは必要なく、寿司店で働きながら修行を積んで、寿司の握り方を学びます。
しかし、パン職人などもそうですが、今は事前に専門学校などを卒業している人が増えていて、すし職人の場合も寿司の専門学校や調理師の専門学校などを出る人が増えてきました。

寿司はそのお店によって握り方や味などが異なります。
すし職人になる上で、ただすし職人になりたいというだけでなく、自分がどういったすし職人になりたいか、寿司を知ることはとても重要です。
修行するために入った店によって、自分のすし職人への道が大きく左右されるといっても過言ではありません。

すし職人に向いている人

すし職人の修行はかなり厳しく、指導が体育会系であることに加え、立ち仕事や重いお米を運ぶなど、体力も必要になります。
こうした厳しい修行に耐えることができる忍耐力と、すし職人への情熱を忘れずにいることは、すし職人を目指す上でとても大切な要素です。

また、寿司はとても繊細な食べもので、同じ魚でも自分の仕入れた魚によってガラリと味が変わってしまいます。
さらにシャリの温度やネタの厚みなど、本当に小さなことが寿司の味に大きく影響しますので、細かいことまで気を抜かず、丁寧に作業できる真面目さや堅実さを持ち合わせた人が、すし職人に向いているといえます。

まずはいろいろな寿司店に実際行って寿司を食べてみて、これだと思う寿司を見つけてみましょう。
有名店には有名店になるだけの技術がありますし、逆にあまりおいしくないお店で寿司を食べてみるのも勉強になります。
すし職人の修行は、体力のあるできるだけ若いうちから始めるのが望ましいようですので、早めのチャレンジがおすすめです。

Published by