ソムリエとして働く

ワインのスペシャリストとして働く

ソムリエは、主にワインに関わる仕事をする人です。
ワインショップやレストラン、バー、ホテルなどでワインの仕入れを行ったり、お客様の接客をするなど、その業務は多岐に渡ります。

どのような職場で働くのであっても、主な業務はワインの仕入れや管理、提供などです。
例えばレストランの場合、ワインの貯蔵はレストランが所有する専用の貯蔵庫で行われているのですが、その貯蔵庫からレストラン内のワインセラーにワインを補充するところから仕事は始まります。
補充の際に在庫を管理し、在庫が少なくなってきたら発注したり、シェフが作る料理に合ったワインを見繕って発注するのもソムリエの仕事です。
開店したら、お客様の注文した料理に合わせたワインを選んで差し上げ、そのワインの説明などをする接客的業務を行います。

ワインの味わい方はいくつかあり、例えば赤ワインであれば、ボトルからそのままグラスに注ぐよりも、一旦デカンタに移してグラスに注ぐほうが香りがよくなる種類もあります。
こうしたワインの味をよりよくするために一手間加え、お客様に提供するのもソムリエの大切な仕事です。

昔はソムリエというとレストランで働いているという印象がありましたが、今は百貨店のワイン売り場などにもソムリエがいて、お客様のニーズにあったワインのセレクトをしてくれます。
ワインは好きだけれど詳しくないという人は意外と多いので、ソムリエがいてくれるととても助かりますね。

ソムリエになるには

ソムリエの仕事自体は、絶対に資格がなければいけないということはないのですが、やはりソムリエとしてワインの知識を十分に身に付けるには、資格取得は必須であるといえます。
また、実際にソムリエとして働いている人はほとんどの人が有資格者ですので、就職するにあたっても資格を取得していることが前提という認識が強いため、資格は取得しておいたほうがよいでしょう。

ソムリエの資格は、ワインに関わる仕事に5年以上携わっているという実務経験があるか、「日本ソムリエ協会」の正会員になって1年が経過していることなど、厳しい受験資格があります。
日本ソムリエ協会の会員になるには当然費用がかかり、また必要な講習を受けなければならないなどの決まりもありますので、資格取得までにはある程度の費用は覚悟しておかなければなりません。

ソムリエに向いている人

ワインが好きということはもちろんですが、膨大な種類のワインを香りや味で見極めなければならないので、繊細な舌や嗅覚がとても重要です。
味や香りを敏感に感じ取る能力があること、またはその能力を身に付けるために努力できる人が、ソムリエに向いています。

Published by