パティシエとして働く

おいしいスイーツを作る職人

パティシエの仕事は、みなさんご存知の通りケーキや焼き菓子などの洋菓子を作る仕事です。
私たちのイメージでは、パティシエはケーキ屋さんでひとつひとつケーキを手作りしているような印象がありますが、ケーキ店だけではなく、大手洋菓子メーカーの工場内で働くパティシエもいます。

工場勤務の場合、手作業でケーキを作るのではなく、工場の作業の監視をしたり、管理を行うのが主な仕事です。
しかし、工場勤務とはいえケーキの形や味などを考えるのに、パティシエの職人的技術や想像力は重要になります。

パティシエになるには

パティシエになる人の多くが、製菓の専門学校を卒業して洋菓子作りの基礎知識や技術を習得した上で就職しています。
こうした学校を出たり、資格を取得しなくても仕事をすること自体は可能ですが、今は多くの人がこうした学校を出ているので、就職する上でまったく洋菓子の知識や技術がないと、就職しにくいという現実があります。
製菓学校を出ていないという人でも、通信教育などでパティシエについての勉強をした上で民間の資格を取得するなど、何らかの知識を得た上で就職活動を行っている人がほとんどです。

学校を卒業して就職した人は、数年働いてケーキ作りの実務経験を積み、その後一人前に成長していきますが、一人前になった後も有名店に転職してさらにレベルの高い洋菓子作りを学んだり、海外の洋菓子店に修行に行くという人も少なくありません。
パティシエの道にはゴールはなく、日々勉強することが大切なのですね。

パティシエに向いている人

パティシエの仕事は職人的要素が強いことから、特に洋菓子店で働く場合は下積みが長く、アシスタント的な仕事を何年もしなければならないので、やりがいを感じることができず途中で諦めてしまう人も多いようです。
しかしケーキ作りのアシスタントをしながら、先輩や師匠の作業を見て仕事を覚えるという意味合いがあるので、こうした地道な仕事を前向きにとらえ、自分を磨いて行くことのできる人がパティシエに向いています。

また、飲食業界全般にいえることですが、味をしっかり理解することができる繊細な味覚がとても大切です。
また、見ただけで喜ばれるようなかわいらしいケーキを作るためのデザイン力、色彩感覚など、優秀なパティシエになるにはさままざまな要素が必要になります。

気になるパティシエの年収ですが、修行時代はかなり低く、自活することもままならないほどの収入しか得られないお店も多いです。
それでも続けることができる、パティシエという仕事に対する愛情とやる気を継続できることも、パティシエになるための重要な要素といえるでしょう。

Published by