野菜

食品工場での仕事

仕事内容

食品工場で働く場合は、ライン作業という仕事が中心となります。

仕事内容としては、ライン上に流れてくる食品を加工する仕事となり、具体的にはコンビニ弁当の総菜盛りつけ、おにぎりを数個ずつ箱に詰める、ショートケーキに苺を乗せる、缶詰用にミカンの皮を剥くなどの仕事があります。

これらの仕事は、その食品会社がどの食材を扱っているかで決まってきます。

仕事をする場合は、作業着を着て手袋をして帽子を被りマスクをして、場合によっては長靴を履いて、食品が汚れないようにして仕事をします。

ラインの前に立ち、決められた仕事を黙々とこなします。

最初はラインに流れてくる食品を加工するのに、慣れないと戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば単純作業なので余裕を持って出来ます。

仕事は日勤と夜勤があり、日勤専門としても夜勤専門としても働くことは可能であり、夜勤の方が給料は高い場合が多いです。

仕事をするのに特に資格などは必要なく、未経験でも働けます。

仕事を探すならフリーペーパーなどで探すか、求人サイトなどを使うのが効率よく仕事が見つけられます。

参考 : 食品・衛生・医療の求人・転職情報

工場で働くには

働く場合は、単純作業なので誰でも働くことが出来、未経験でも雇ってくれます。

特に繁忙期などは人が不足していることもあり、応募すれば書類選考だけで雇われることも多いです。

夏休みや冬休みなどは募集が多いです。

製造業とはなりますが、あまり力も必要なく、女性でも気軽に働くことは出来ます。

ただし単純作業なので、同じ作業の繰り返しであり、それに耐えられない方は向いていない仕事です。

また立ち仕事であり、足が痛くなることもあります。

同じ体勢で同じ作業の仕事を続けるので、向いていない人にはまったく適していない仕事でしょう。

逆にいくら単純作業を続けても、飽きずに出来るという人は最適の職場です。

仕事をするときはラインに流れてくる食品を、一定時間の間隔で加工していくこととなり、あまりもたもたしていると、ラインを止めてしまいます。

周りのペースに合わせて仕事をする必要はあります。

実際に仕事をするとなると、たいていの場合はバスで工場まで行き、工場に着くと作業服や手袋や帽子をして、作業服などの埃をとるために一度エアーを浴びます。

工場によっては一人一人社員が作業者の服装をチェックするところもあります。

作業中は人と話すことはなく、話が苦手な人でも出来る仕事です。

給料は時給または日給で計算される所が多く、その日に今日働いた分をもらえるところもあります。

夜勤だと22時から5時までの時給は割増料金になり、その分日勤より給料が多く手に入りますが、夜勤を続けると生活リズムは崩れます。

Published by