ヘルスケア

管理栄養士として働く

仕事内容

栄養士と名前が付いているとおり、栄養士と似た仕事であり、栄養管理をメインとして仕事を行います。

しかしその仕事は栄養面でのアドバイスを行うというものばかりではなく、病院や老人ホームで献立を作成して調理したり、子供に食育したり、アスリートの栄養管理などを行います。

食の大切さを栄養と共に教えていくのが仕事となります。

管理栄養士しは、必要な栄養の指導、健康促進のための栄養指導、給食管理や栄養改善などの仕事が認められています。

1日に300食または750食以上の食事提供のある病院などでは、栄養管理士を置くことが義務づけられていますんので、このようなところでも働けます。

その他にも管理栄養士は栄養士を指導することもあります。

仕事場としては、保育園や学校の給食室、スポーツジムや病院に老人ホームと色々と働ける場所は多いです。

栄養士として働くよりも、大きな施設で働ける場合が多く、中にはこのような所ばかりではなく、フードコーディネーターなどの肩書きを持って仕事をしている人もいます。

管理栄養士として働くには

管理栄養士として働くには、まずは栄養士の免許を取得しないといけません。

栄養士養成のための学校に行き、卒業後に国家試験を受けて合格すれば栄養士になれます。

栄養士になるための学校は4年制の大学と3年制または2年制の短大や専門学校があり、そのような学校を卒業して栄養士免許を取得後に、実務経験を積むと管理栄養士となれます。

4年制大学は1年間、3年制学校は2年間、2年制学校は3年間以上となり、どの学校へ行っても、栄養士になるまでの時間は同じです。

また早く栄養士になるには、4年制の管理栄養士養成課程を修了するというのが一番早いです。

管理栄養士としては、食に対する知識と栄養に関する知識が求められるのはもちろんですが、指導力も必要です。

大きな施設で働くことが多く、栄養士の指導や、担当者の栄養指導なども行っていくために、そのような時に指導力が求められます。

実際に働くとなると、正社員として募集していても人気の所は倍率が高いので、まずは非常勤で働くという方法もあります。

国家試験自体を受ける人も多くなってきており、管理栄養士でありながら栄養士として働く人も多いです。

しかしながら管理栄養士としての需要は増えてきており、生活習慣病予防などにおいては重要な役割を持つので、今後も需要は高まっていくと思われます。

給与面を考えると正社員として働く方が良いですが、正社員としての採用が少ないような場合はまずは非常勤やアルバイトとして働くという方法もあります。

仕事場によっても仕事内容が違うので、まずはどのような仕事をしたいか考えるべきでしょう。

Published by