乳製品製造工として働く

乳製品の製造に関わる仕事

乳製品製造工は、牛乳やヨーグルト、チーズなど乳製品を作る仕事です。
それぞれの乳製品によって製造工程は当然ながら異なりますが、例えば牛乳の場合、仕入れた生乳を検査するところから殺菌、容器詰めなどひとつの乳製品を作るにも、たくさんの工程を経ています。

乳製品を作っている企業や商店はたくさんあり、大きい工場ではほとんどが機械での流れ作業で製造しています。
手作業をしている工場はほとんどありません。
個人で運営しているお店になると、すべて手作業で乳製品を作っていることを売りにしているお店もあり、そういったお店では手作業での製造が行われています。

乳製品製造工の仕事をしたい人は

乳製品製造工には特に学歴や資格は重要ではありません。
特に工場であればしっかりと研修があるので、未経験でもきちんと教えてもらいながら仕事を覚えることができます。
持っているとよい資格としては、公害防止管理者や危険物取扱者、衛生管理者などの資格が挙げられます。
すぐにこれらの知識が技術が必要になるというわけではありませんが、仕事を覚えるにつれて必要になり、会社側から資格を取得するよう指示されることもあるようです。

公害防止管理者は、工場を運営するにあたって公害が発生しないよう防止策を考え、実行したり、職場周りで公害が発生していないか、大気や水などを調べるのが主な仕事です。
一定条件に当てはまる工場では、公害防止管理者を常駐するよう義務付けられていますので、ある程度の需要は確保された仕事だといえます。
合格率は2~3割と低めな印象がありますが、国家資格の中での合格率としては平均的で、決して難易度が高すぎるというわけではありません。

危険物取扱者は、指定された危険物を取り扱う際に持っていなければならない資格です。
ガソリンスタンドの燃料などは危険物に当てはまりますので、ガソリンスタンドには必ず危険物取扱者が在籍しています。
工場内で使用する燃料などに危険物がある場合は、危険物取扱者を配置しなければならないので、こちらも乳製品製造工としてキャリアアップを目指したい人におすすめの資格です。
資格を取得することで、やる気やキャリアのアピールにつながりますので、興味のある資格は取得しておくとよいと思います。

乳製品製造工に向いている人

乳製品が好きという人はもちろんですが、工場業務にせよ手作業にせよ、人目に立つ華々しい仕事というわけではなく、コツコツと作業を続けることがメインの仕事になりますので、根気のある人や地味な作業をきちんとこなすことができる人に向いています。
特に、製造の段階で雑菌が混入したりしては大きな問題となってしまいますので、しっかり仕事を遂行、管理できることは重要です。

Published by