梅

和菓子職人として働く

仕事内容

和菓子職人はその名の通り和菓子を作るのが仕事です。

和菓子と言ってもいろいろあり、餡や小麦の生地、白玉やきな粉や栗など色々な素材を使ってお菓子を作っていきます。

これを蒸したり焼いたりしてお菓子として作っていくわけであり、生菓子や干菓子が出来上がります。

茶道と共に発展してきたお菓子であり、和菓子はお菓子としての食べるだけの目的に留まらず、味はもちろんのこと、見た目も考えて作られており美しく作るというのも制作の目的となります。

そのために、赤や青と言った着色された生地なども使ってお菓子を彩り、色鮮やかなお菓子として完成させます。

そして和菓子の醍醐味としては季節感を表現することも大切です。

夏は水ようかんのような涼しさを与えるような見た目のお菓子を作り、秋は柿をかたどったお菓子を作ったりと、季節感を表現するのも忘れてはなりません。

そのためには、その季節にはどのような花や木があり、季語なども覚えるとよい季節を表わしやすいです。

和菓子職人として働くために

有名な職人に弟子入りして学ぶという方法は今はあまり行っていなく、専門学校で学んだ後に和菓子店などに行くか、またはそのまま和菓子店や和菓子メーカーなどに入り勉強していくという方法が一般的です。

専門学校は高卒で入れるところが多いですが、中卒でも受け入れてくれるところがあり、早く和菓子職人を目指すならすぐに専門学校に行くべきです。

専門学校に行く、菓子衛生士などの資格を取得すると就職には有利に働く場合もありますが、メーカーによっては未経験の何も持っていないようなまっさらな人を望むところもあります。

もしも働きたい場所が決まっているなら、どうすればそこへ入社できるのか調べてから進み方を決めると良いです。

基礎から学びたいと思うなら専門学校に行った方が良いです。

和菓子の事のみではなく、製菓の基礎も身につける事が出来、あとあと役に立つこともあるでしょう。

ただし専門学校の先生によって教える細かい部分は違ってきます。

実際に働こうと和菓子店を目指すとしても、求人はあまり多くはありません。

人の入れ替わりの激しい業界でありながら、和菓子職人として学べるスタートラインにいる方も少ないので、余計に採用数は少なくなります。

和菓子職人の世界は実力勝負であり、他の業界の職人達と同じように実力がないと続けられません。

既存の和菓子のみならず、自分で創作して新しい和菓子を生み出していくことも大切であり、創作力がないと職人としてやっていくのは難しいです。

しかし職人を目指さない場合は、和菓子メーカーに入社して、メーカーが作っている既存の和菓子を作っていくという方法もあります。

Published by