野菜

調理師として働く

仕事内容

調理師はその名前が示すとおり料理を作るのが仕事であり、レストランやホテルなどの調理場で仕事をします。

また学校や病院の食事を作ることもありますが、日本料理なら板前というように独自の呼び方をされる場合もあります。

仕事として料理を作っていくには、調理師の免許が無くても出来ますが、調理師の免許が合った方が就職では有利です。

もしも未経験から仕事を始めるなら、すぐに料理をさせてもらえるわけではなく、見習いとしてスタートします。

見習い期間中は雑用が主な仕事であり、調理場の清掃と道具などの用意、皿洗いや盛りつけなどを行います。

誰より早く仕事場に来て準備をして、夜遅くまで残り掃除などをしてくという期間を経ていきます。

見習いとして働いていくと、徐々に料理もさせてもらえるようになり、やがて一人前となっていくのです。

そして一人前と言われるようになると、料理以外のことも行うようになり、食材の仕入れやメニュー開発、店舗管理なども行います。

また料理人として有名になっていくと、料理コンクールなどにも出場する方もいます。

調理師として働くには

調理師の免許を取得するには、調理師学校に入り1年以上勉強する、レストランなどで2年以上実務経験を経たのちに調理師試験を受ける、という2つの方法があります。

調理師学校に入れば基礎から学ぶことが出来試験無く免許が取得できますが、その後はやはり仕事を実際にして経験を積まないといけません。

料理作りを仕事とするなら、調理師免許なしでも仕事は出来ますので、別にすぐに免許を取得しないといけないと言うことではありません。

職種によっては兎に角経験を積んだ方がよい場合もあり、寿司職人などを目指す方は、免許よりもすぐにどこかの寿司屋に入り、そこで技術を磨くことに専念します。

調理師の免許を取るべきかどうかは、どこで働くかで考えるべきでしょう。

しかし免許を取得するにしてもしないにしても、どちらでもやはりどこで働く場合でも見習い期間は必要です。

このような期間は先ほども記載したとおり、お店に慣れて雑用をこなしていく期間となり、掃除や仕込みや後片付けもやらされて、仕事時間も長いので、体力も使うことも多いです。

このような期間はどんな料理を作るにしても、避けられない時期でしょう。

そのような見習い期間を終えて一人前の料理人として働くことができ、中には独立して自分の店を持つ方もいます。

また世界で働く方もおり、フランス料理などを本場で作っている人や、また最近は日本料理も世界で人気があるので、各国で日本料理を作っているような人もいます。

有名になればテレビに出たり、雑誌に掲載されるような方もいます。

Published by