パン職人として働く

おいしいパンを作るお仕事

パン職人は別名「ブーランジェ」とも呼ばれる、パンを作るお仕事をする人のことをいいます。
朝パン屋さんの前を通ると、おいしそうなパンの焼ける匂いがしてきますが、パン屋さんの朝はかなり早いです。
朝食の時間に合わせて開店しているパン屋さんだと、朝7時ごろオープンするところもありますので、暗いうちから仕事を始めるところも少なくありません。

パン職人は、前述したような個人のパン店で働く、もしくはスーパーなどに流通しているパンを作る大型パンメーカーにパン職人として就職する、といった働き方があります。

パン職人になるには

パン職人の仕事は、特に資格を持っていなくても働くことができます。
そのため、昔は未経験でパン屋さんに就職をして、アシスタント的な業務をこなしながらパン作りを学び、実務経験を積んでいくという人も多かったのですが、最近は専門学校の充実や、資格が充実してきたこともあり、学校で学んだり、資格を取得した上で就職する人が増えてきました。

資格を取得することで、一定の知識や技術があることが採用側に伝わりやすいことと、アピールにもつながることから学校に通う人が増え、今では新卒で就職する人のほとんどが、パン作りに関係する専門学校を出ていたり、資格を取得しているようです。

経験がある人であれば、ある程度年齢を重ねた人でも中途採用で就職できる可能性がありますが、未経験で入社するのであれば、個人運営のパン屋さんでも、パンメーカーであっても、若い人を中心に採用する傾向にあります。
その理由は、パン作りは学ばなければならないことがとても多く、一人前のパン職人になるまでにかなりの時間がかかることや、立ち仕事や力仕事など体力を必要とする仕事が多いため、若くて体力のある人が求められるからです。

パン職人に向いている人

ものづくりをする仕事はどこも同じかもしれませんが、修行時代は年収が低めであることや、職場によっては厳しい指導を受けることもありますので、パン職人になりたいという強い目標がある人や、体育会系の指導に耐えられる強さのある人がパン職人に向いています。
また、収入が低いことも気にならないほどパン作りへの熱意があるということも重要です。

前述したように朝がとても早く、体力を必要とする仕事ですので、早起きが得意であること、体力に自信があることもパン職人になるための要素のひとつであるといえるでしょう。
パン職人として一人前になったら、独立開業して自分の店を持つという人も多いです。
開業した店が繁盛すれば、サラリーマンとして働いていることよりもはるかに高い収入が狙えますので、自分の店を持つことを目標として仕事に励むのもよいですね。

Published by