ノート

短所は長所に絡めて考える

面接で短所を聞かれた場合

面接での質問に、あなたの短所はなんですか?というのはこれもよくある質問です。

長所は何ですかと聞かれれば、自分のメリットを答えれば良いのでさほどひねった答は必要なく、面接官に好印象を与えやすいですが、短所となるとそのまま答えると、面接官に悪いイメージをもたれます。

面接官が短所を聞く理由としては、あなたの悪い部分を採用前に知っておきたいという事ではなく、あなた自身が自分の短所を理解しているかどうかという点を知るためです。

短所を知っていれば、その短所で仕事で失敗しないようにも気をつけることが出来るからです。

もしも短所を聞かれた場合は、面接では不利になるようなことはわざわざ言う必要はありません。

自ら自分で仕事でマイナスになるようなことも言う必要はありません。

仕事で支障の出そうなことも、答える必要はありません。

いくら面接だからと言っても、あまりにも正直に答えるのも良くなく、「しょっちゅう遅刻をして時間を守れません」、「仕事は大雑把で雑です」、などの馬鹿正直に答えるのは面接官にマイナスの印象を与えます。

短所でも面接官に好印象を与えるように答えるのが良いです。

短所はフォローして答える

面接で短所を聞かれたら、それをフォローするような答え方をすることです。

例えば答え方の一例は以下のようになります。

・頑固なのですが、その分周りの人の意見を良く聞いて協調性を大切にします。

・常に慎重に行動するために行動が遅いですが、その分仕事に対しては何事もミス無くしっかりと行います。

・心配性であり小さいことを気にしてしまいますが、大きな判断では間違わないように常に気を配って注意して考えていきます。

・短期であり仕事に熱くなりすぎることがありますが、視野を広げて大きな視点で物事を見るように心がけています。

・おせっかいで人のことを気にかける部分がありますが、面倒見がよいと言われ、人間関係を大切にします。

短所としてはその他にも、神経質や不器用やせっかちやマイペースなどということもあります。

このようなこともまずはそれを答えて、反面このようにフォローして行動していますと答えるようにするのです。

一方的にこれが短所なので直すように心がけます、では面接官に好印象を与えられません。

短所と長所は表裏一体であり、短所の裏側には言い換えれば長所も潜んでいるのです。

かならず面接で短所を聞かれた場合は、短所はありますが、その反面このような長所があるという形で答えるようにしましょう。

面接では短所は聞かれやすい質問なので、これも事前にシミュレーションでどのように答えるか考えておくと良いです。

シミュレーションをする場合は、まずは自分の短所は何かと考えることから始まります。

Published by