野菜

調理師として働く

仕事内容

調理師はその名前が示すとおり料理を作るのが仕事であり、レストランやホテルなどの調理場で仕事をします。

また学校や病院の食事を作ることもありますが、日本料理なら板前というように独自の呼び方をされる場合もあります。

仕事として料理を作っていくには、調理師の免許が無くても出来ますが、調理師の免許が合った方が就職では有利です。

もしも未経験から仕事を始めるなら、すぐに料理をさせてもらえるわけではなく、見習いとしてスタートします。

見習い期間中は雑用が主な仕事であり、調理場の清掃と道具などの用意、皿洗いや盛りつけなどを行います。

誰より早く仕事場に来て準備をして、夜遅くまで残り掃除などをしてくという期間を経ていきます。

見習いとして働いていくと、徐々に料理もさせてもらえるようになり、やがて一人前となっていくのです。

そして一人前と言われるようになると、料理以外のことも行うようになり、食材の仕入れやメニュー開発、店舗管理なども行います。

また料理人として有名になっていくと、料理コンクールなどにも出場する方もいます。

調理師として働くには

調理師の免許を取得するには、調理師学校に入り1年以上勉強する、レストランなどで2年以上実務経験を経たのちに調理師試験を受ける、という2つの方法があります。

調理師学校に入れば基礎から学ぶことが出来試験無く免許が取得できますが、その後はやはり仕事を実際にして経験を積まないといけません。

料理作りを仕事とするなら、調理師免許なしでも仕事は出来ますので、別にすぐに免許を取得しないといけないと言うことではありません。

職種によっては兎に角経験を積んだ方がよい場合もあり、寿司職人などを目指す方は、免許よりもすぐにどこかの寿司屋に入り、そこで技術を磨くことに専念します。

調理師の免許を取るべきかどうかは、どこで働くかで考えるべきでしょう。

しかし免許を取得するにしてもしないにしても、どちらでもやはりどこで働く場合でも見習い期間は必要です。

このような期間は先ほども記載したとおり、お店に慣れて雑用をこなしていく期間となり、掃除や仕込みや後片付けもやらされて、仕事時間も長いので、体力も使うことも多いです。

このような期間はどんな料理を作るにしても、避けられない時期でしょう。

そのような見習い期間を終えて一人前の料理人として働くことができ、中には独立して自分の店を持つ方もいます。

また世界で働く方もおり、フランス料理などを本場で作っている人や、また最近は日本料理も世界で人気があるので、各国で日本料理を作っているような人もいます。

有名になればテレビに出たり、雑誌に掲載されるような方もいます。

ヘルスケア

管理栄養士として働く

仕事内容

栄養士と名前が付いているとおり、栄養士と似た仕事であり、栄養管理をメインとして仕事を行います。

しかしその仕事は栄養面でのアドバイスを行うというものばかりではなく、病院や老人ホームで献立を作成して調理したり、子供に食育したり、アスリートの栄養管理などを行います。

食の大切さを栄養と共に教えていくのが仕事となります。

管理栄養士しは、必要な栄養の指導、健康促進のための栄養指導、給食管理や栄養改善などの仕事が認められています。

1日に300食または750食以上の食事提供のある病院などでは、栄養管理士を置くことが義務づけられていますんので、このようなところでも働けます。

その他にも管理栄養士は栄養士を指導することもあります。

仕事場としては、保育園や学校の給食室、スポーツジムや病院に老人ホームと色々と働ける場所は多いです。

栄養士として働くよりも、大きな施設で働ける場合が多く、中にはこのような所ばかりではなく、フードコーディネーターなどの肩書きを持って仕事をしている人もいます。

管理栄養士として働くには

管理栄養士として働くには、まずは栄養士の免許を取得しないといけません。

栄養士養成のための学校に行き、卒業後に国家試験を受けて合格すれば栄養士になれます。

栄養士になるための学校は4年制の大学と3年制または2年制の短大や専門学校があり、そのような学校を卒業して栄養士免許を取得後に、実務経験を積むと管理栄養士となれます。

4年制大学は1年間、3年制学校は2年間、2年制学校は3年間以上となり、どの学校へ行っても、栄養士になるまでの時間は同じです。

また早く栄養士になるには、4年制の管理栄養士養成課程を修了するというのが一番早いです。

管理栄養士としては、食に対する知識と栄養に関する知識が求められるのはもちろんですが、指導力も必要です。

大きな施設で働くことが多く、栄養士の指導や、担当者の栄養指導なども行っていくために、そのような時に指導力が求められます。

実際に働くとなると、正社員として募集していても人気の所は倍率が高いので、まずは非常勤で働くという方法もあります。

国家試験自体を受ける人も多くなってきており、管理栄養士でありながら栄養士として働く人も多いです。

しかしながら管理栄養士としての需要は増えてきており、生活習慣病予防などにおいては重要な役割を持つので、今後も需要は高まっていくと思われます。

給与面を考えると正社員として働く方が良いですが、正社員としての採用が少ないような場合はまずは非常勤やアルバイトとして働くという方法もあります。

仕事場によっても仕事内容が違うので、まずはどのような仕事をしたいか考えるべきでしょう。

野菜

食品工場での仕事

仕事内容

食品工場で働く場合は、ライン作業という仕事が中心となります。

仕事内容としては、ライン上に流れてくる食品を加工する仕事となり、具体的にはコンビニ弁当の総菜盛りつけ、おにぎりを数個ずつ箱に詰める、ショートケーキに苺を乗せる、缶詰用にミカンの皮を剥くなどの仕事があります。

これらの仕事は、その食品会社がどの食材を扱っているかで決まってきます。

仕事をする場合は、作業着を着て手袋をして帽子を被りマスクをして、場合によっては長靴を履いて、食品が汚れないようにして仕事をします。

ラインの前に立ち、決められた仕事を黙々とこなします。

最初はラインに流れてくる食品を加工するのに、慣れないと戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば単純作業なので余裕を持って出来ます。

仕事は日勤と夜勤があり、日勤専門としても夜勤専門としても働くことは可能であり、夜勤の方が給料は高い場合が多いです。

仕事をするのに特に資格などは必要なく、未経験でも働けます。

仕事を探すならフリーペーパーなどで探すか、求人サイトなどを使うのが効率よく仕事が見つけられます。

参考 : 食品・衛生・医療の求人・転職情報

工場で働くには

働く場合は、単純作業なので誰でも働くことが出来、未経験でも雇ってくれます。

特に繁忙期などは人が不足していることもあり、応募すれば書類選考だけで雇われることも多いです。

夏休みや冬休みなどは募集が多いです。

製造業とはなりますが、あまり力も必要なく、女性でも気軽に働くことは出来ます。

ただし単純作業なので、同じ作業の繰り返しであり、それに耐えられない方は向いていない仕事です。

また立ち仕事であり、足が痛くなることもあります。

同じ体勢で同じ作業の仕事を続けるので、向いていない人にはまったく適していない仕事でしょう。

逆にいくら単純作業を続けても、飽きずに出来るという人は最適の職場です。

仕事をするときはラインに流れてくる食品を、一定時間の間隔で加工していくこととなり、あまりもたもたしていると、ラインを止めてしまいます。

周りのペースに合わせて仕事をする必要はあります。

実際に仕事をするとなると、たいていの場合はバスで工場まで行き、工場に着くと作業服や手袋や帽子をして、作業服などの埃をとるために一度エアーを浴びます。

工場によっては一人一人社員が作業者の服装をチェックするところもあります。

作業中は人と話すことはなく、話が苦手な人でも出来る仕事です。

給料は時給または日給で計算される所が多く、その日に今日働いた分をもらえるところもあります。

夜勤だと22時から5時までの時給は割増料金になり、その分日勤より給料が多く手に入りますが、夜勤を続けると生活リズムは崩れます。