テーブルコーディネーターとして働く

食に関する空間づくりのお手伝いをする仕事

テーブルコーディネーターの仕事はいろいろな場所で行われます。
例えば、レストランの各テーブルのコーディネートや、ホテルのパーティー、結婚式などにおけるテーブルコーディネート、料理関連書籍や雑誌の撮影におけるテーブルコーディネートなど、活躍の場はさまざまです。

テーブルコーディネーターは、自分の持っているセンスも重要ですが、クライアントの求めるテーブルコーディネートを作ることができる、相手のニーズを満たす能力が重要になります。
美しいテーブルを作ることはもちろんですが、色彩を考えるのはもちろん、季節に応じたテーブルコーディネートを求められることもありますので、さまざまな依頼に柔軟に対応できる能力も求められます。

テーブルコーディネーターになるには

国家資格などを取得する必要はありませんがテーブルコーディネートに関する知識や技術をみにつけるために、関連する専門学校や家政科の大学などに進学して、料理やテーブルコーディネートに関する勉強をした上で、ホテルやレストランに就職するという流れが一般的です。

そのほか、料理関連の仕事をしながら培ったネットワークから、テーブルコーディネーターの仕事に少しずつ関わっていくという人もいます。
テーブルコーディネーターになろうとしてなったわけではなく、知識があることを評価されて仕事を依頼され、少しずつ依頼が増えていってテーブルコーディネーター1本になっていくという人も少なくないようです。

就職して実務経験を積んだ人は、料理教室を開いてテーブルコーディネートについての講座を開くなどの独立開業をする人もいるほか、フリーになってテーブルコーディネーターとして活動する人もいます。
活躍の場はいろいろありますが、テーブルコーディネーターの需要自体がそこまで高いわけではないので、料理関連の仕事をしながらテーブルコーディネーターの仕事をするなど、いろいろな仕事を並行して行っている人も少なくないようです。

テーブルコーディネーターに向いている人

クライアントの希望をしっかり汲み取り、テーブルコーディネートに反映することができるヒアリング能力や表現能力のある人は、テーブルコーディネーターに向いています。
クライアントと円滑なコミュニケーションを取るためのコミュニケーション能力も重要です。

フリーで活動する人は、自分で仕事を取らなければなりませんので、「この人に仕事をお願いしたい」と思わせる人間力や、仕事に対する真面目な姿勢なども求められます。
テーブルコーディネートに関する知識や技術はもちろんですが、たくさんの人と関わる仕事ですので、コミュニケーション能力がとても重要な仕事であるといえるでしょう。

すし職人として働く

一人前になればその技術は年老いても活かせる

日本の職人、しかも食べ物の分野となれば、やはりまっさきに思い浮かぶのは「すし職人」ですよね。
すし職人はその名の通り、寿司を握る人のことを指しますが、すし職人は握り寿司だけではなく、巻き寿司や押し寿司などいろいろな寿司を作ります。

また、寿司を作るのはもちろん、寿司の材料となる魚の仕入れからシャリ作りなど、一つの寿司を握るにもさまざまな工程があるので、それらを修行しながらしっかり勉強しなければなりません。

一人前のすし職人になるまでの道のりは長く険しいですが、自分の寿司を握れるようになったら独立も可能で、人気店になるとかなりの売上になるなど高収入を得られます。
また海外では寿司を含めた和食が高い評価を受けており、海外で独立開業するというのも夢ではありません。
習得した技術は、自分が寿司を握ることができなくなるまで長く活かすことができますので、本気で目指すのであればやりがいのある仕事です。

すし職人になるには

すし職人になるために資格などは必要なく、寿司店で働きながら修行を積んで、寿司の握り方を学びます。
しかし、パン職人などもそうですが、今は事前に専門学校などを卒業している人が増えていて、すし職人の場合も寿司の専門学校や調理師の専門学校などを出る人が増えてきました。

寿司はそのお店によって握り方や味などが異なります。
すし職人になる上で、ただすし職人になりたいというだけでなく、自分がどういったすし職人になりたいか、寿司を知ることはとても重要です。
修行するために入った店によって、自分のすし職人への道が大きく左右されるといっても過言ではありません。

すし職人に向いている人

すし職人の修行はかなり厳しく、指導が体育会系であることに加え、立ち仕事や重いお米を運ぶなど、体力も必要になります。
こうした厳しい修行に耐えることができる忍耐力と、すし職人への情熱を忘れずにいることは、すし職人を目指す上でとても大切な要素です。

また、寿司はとても繊細な食べもので、同じ魚でも自分の仕入れた魚によってガラリと味が変わってしまいます。
さらにシャリの温度やネタの厚みなど、本当に小さなことが寿司の味に大きく影響しますので、細かいことまで気を抜かず、丁寧に作業できる真面目さや堅実さを持ち合わせた人が、すし職人に向いているといえます。

まずはいろいろな寿司店に実際行って寿司を食べてみて、これだと思う寿司を見つけてみましょう。
有名店には有名店になるだけの技術がありますし、逆にあまりおいしくないお店で寿司を食べてみるのも勉強になります。
すし職人の修行は、体力のあるできるだけ若いうちから始めるのが望ましいようですので、早めのチャレンジがおすすめです。

パティシエとして働く

おいしいスイーツを作る職人

パティシエの仕事は、みなさんご存知の通りケーキや焼き菓子などの洋菓子を作る仕事です。
私たちのイメージでは、パティシエはケーキ屋さんでひとつひとつケーキを手作りしているような印象がありますが、ケーキ店だけではなく、大手洋菓子メーカーの工場内で働くパティシエもいます。

工場勤務の場合、手作業でケーキを作るのではなく、工場の作業の監視をしたり、管理を行うのが主な仕事です。
しかし、工場勤務とはいえケーキの形や味などを考えるのに、パティシエの職人的技術や想像力は重要になります。

パティシエになるには

パティシエになる人の多くが、製菓の専門学校を卒業して洋菓子作りの基礎知識や技術を習得した上で就職しています。
こうした学校を出たり、資格を取得しなくても仕事をすること自体は可能ですが、今は多くの人がこうした学校を出ているので、就職する上でまったく洋菓子の知識や技術がないと、就職しにくいという現実があります。
製菓学校を出ていないという人でも、通信教育などでパティシエについての勉強をした上で民間の資格を取得するなど、何らかの知識を得た上で就職活動を行っている人がほとんどです。

学校を卒業して就職した人は、数年働いてケーキ作りの実務経験を積み、その後一人前に成長していきますが、一人前になった後も有名店に転職してさらにレベルの高い洋菓子作りを学んだり、海外の洋菓子店に修行に行くという人も少なくありません。
パティシエの道にはゴールはなく、日々勉強することが大切なのですね。

パティシエに向いている人

パティシエの仕事は職人的要素が強いことから、特に洋菓子店で働く場合は下積みが長く、アシスタント的な仕事を何年もしなければならないので、やりがいを感じることができず途中で諦めてしまう人も多いようです。
しかしケーキ作りのアシスタントをしながら、先輩や師匠の作業を見て仕事を覚えるという意味合いがあるので、こうした地道な仕事を前向きにとらえ、自分を磨いて行くことのできる人がパティシエに向いています。

また、飲食業界全般にいえることですが、味をしっかり理解することができる繊細な味覚がとても大切です。
また、見ただけで喜ばれるようなかわいらしいケーキを作るためのデザイン力、色彩感覚など、優秀なパティシエになるにはさままざまな要素が必要になります。

気になるパティシエの年収ですが、修行時代はかなり低く、自活することもままならないほどの収入しか得られないお店も多いです。
それでも続けることができる、パティシエという仕事に対する愛情とやる気を継続できることも、パティシエになるための重要な要素といえるでしょう。

ソムリエとして働く

ワインのスペシャリストとして働く

ソムリエは、主にワインに関わる仕事をする人です。
ワインショップやレストラン、バー、ホテルなどでワインの仕入れを行ったり、お客様の接客をするなど、その業務は多岐に渡ります。

どのような職場で働くのであっても、主な業務はワインの仕入れや管理、提供などです。
例えばレストランの場合、ワインの貯蔵はレストランが所有する専用の貯蔵庫で行われているのですが、その貯蔵庫からレストラン内のワインセラーにワインを補充するところから仕事は始まります。
補充の際に在庫を管理し、在庫が少なくなってきたら発注したり、シェフが作る料理に合ったワインを見繕って発注するのもソムリエの仕事です。
開店したら、お客様の注文した料理に合わせたワインを選んで差し上げ、そのワインの説明などをする接客的業務を行います。

ワインの味わい方はいくつかあり、例えば赤ワインであれば、ボトルからそのままグラスに注ぐよりも、一旦デカンタに移してグラスに注ぐほうが香りがよくなる種類もあります。
こうしたワインの味をよりよくするために一手間加え、お客様に提供するのもソムリエの大切な仕事です。

昔はソムリエというとレストランで働いているという印象がありましたが、今は百貨店のワイン売り場などにもソムリエがいて、お客様のニーズにあったワインのセレクトをしてくれます。
ワインは好きだけれど詳しくないという人は意外と多いので、ソムリエがいてくれるととても助かりますね。

ソムリエになるには

ソムリエの仕事自体は、絶対に資格がなければいけないということはないのですが、やはりソムリエとしてワインの知識を十分に身に付けるには、資格取得は必須であるといえます。
また、実際にソムリエとして働いている人はほとんどの人が有資格者ですので、就職するにあたっても資格を取得していることが前提という認識が強いため、資格は取得しておいたほうがよいでしょう。

ソムリエの資格は、ワインに関わる仕事に5年以上携わっているという実務経験があるか、「日本ソムリエ協会」の正会員になって1年が経過していることなど、厳しい受験資格があります。
日本ソムリエ協会の会員になるには当然費用がかかり、また必要な講習を受けなければならないなどの決まりもありますので、資格取得までにはある程度の費用は覚悟しておかなければなりません。

ソムリエに向いている人

ワインが好きということはもちろんですが、膨大な種類のワインを香りや味で見極めなければならないので、繊細な舌や嗅覚がとても重要です。
味や香りを敏感に感じ取る能力があること、またはその能力を身に付けるために努力できる人が、ソムリエに向いています。