桜

転職に向いているタイミング

自分の都合で考える場合

転職しようと思うと、引き継ぎなどが必要であり、また新しい職場を探す時間とお金も必要となります。

一つ考えないといけないのは年齢であり、30を過ぎると転職は厳しくなり、40だと職種を絞らないと仕事が見つからなくなり、50過ぎると転職は厳しい。

このために、あまり年を重ねてからの転職はよほど慎重に行わないといけません。

転職にはお金がかかるので、たとえすぐに転職しようと思っても、ある程度お金を貯めてから行った方が無難です。

ボーナスをもらってから転職活動を始めるというのも良いでしょう。

引き継ぎのことも考えると、引き継ぎをすると1ヶ月ぐらい時間は必要なので、その期間を計算に入れて転職を考えることも大切です。

意外に引き継ぎを行ったら時間がかかるということもあります。

時期で考える

転職するなら転職活動をする人が少ない方が、企業に応募するにしてもライバルが少なくて転職しやすいです。

転職希望者が多い時期は3月から4月と9月から10月のこの時期は年度が変わるので、求人も多くなりそれに伴い転職する人も増えます。

この時期は求人が多いので仕事を見つけやすいですが、逆に応募企業でのライバルも多くなります。

そして転職希望者が増える時期はもう一つあり、ボーナス後の時期もそうです。

これは先に記載したとおり、ボーナスをもらってから転職しようと考える人が多くなるからです。

逆に求人が少なくなる時期は2月と8月です。

この時期は求人が少ないので、仕事は探しにくい時期となります。

その他の要因

転職をするなら出来るだけ長く勤めていた方が有利です。

あまり短い期間しか働いていないのに、転職をしようとする、または頻繁に転職を繰り返すような場合は、人事担当者には良い印象は持たれません。

もしも今の会社での在籍期間が短く転職する場合に、次の企業で採用面接があればなぜすぐに前の会社を辞めたのかは必ず聞かれます。

このことを具体的に答えられないといけません。

転職を有利に進めるなら資格を持っていた方が良いです。

それも次の会社で役に立つような資格を取得していると尚有利です。

そのために、在籍中に転職を考えるなら、次の会社の職種に適した資格を取得して、それから転職活動を始めるというのも良いです。

ただし企業で役立つような資格は、取得するまでにも時間がかかり、取得も難しい場合が多いので、必ずしも転職のためにスムーズに資格取得できるとは限りませんので、自分が転職時までに取得できるか考えておくと良いです。

資格と言っても、転職を希望する会社で役に立たないようなまったく関係ない資格は取得するだけ無駄なので、そのような資格を取得するのは止めましょう。

Published by