話し合い

転職を決意したら~退職願の伝え方~

話を切り出す相手

もしも退職を決意したなら、その意志を会社の人に伝えないといけません。

その話をするのはあなたの直属の上司に言うことであり、人事部長や社長などに突然いうのは良くないです。

誰よりも先に直属の上司に退職したいことをいいます。

話をする場合は、みんなのいる前ではなく、第三者のいない場所で行うのが常識です。

上司にお話ししたいことがあると言って、場所を変えてもらいましょう。

そして第三者のいない場所に移動したら、退職したいことを伝えます。

上司に話したとしても、退職が認められるまでは同僚などに退職のことを言ってはいけません。

その後上司は上の者と、公認は誰か、退職時期は問題ないかなどを相談し、それらが終わると正式に退職が決定し周囲に知らされます。

法律では退職を伝えてから2週間経てば退職できるとなっていますが、会社によっては1ヶ月前に申し出ることなどと決められている所もあるので、それに従って退職時期を決めておきましょう。

もしもボーナスをもらってから退職したいなら、査定が出てから退職を願い出るべきです。

査定前に退職を伝えると、査定額が減ることもあります。

退職理由の伝え方

退職理由を聞かれた場合は、個人的な理由により退職すると伝えるのがベストです。

いくら会社に不満があるので辞めるとしても、それを洗いざらし全部話すと円満退職から遠ざかります。

これは最初に退職を伝える上司に対してもそうであり、また周囲の同僚に対しても同じように不満はあまり言わない方が良いです。

退職が正式に決定して、その後会社から退職願の提出を求められた場合にのみ、手渡しで上司に渡します。

求められてもいないのに退職願を提出するのは避けましょう。

引き継ぎなどもありますので、退職までにはそのような事も考えて行っておくとスムーズに退職出来ます。

引き留められた場合

退職を申し出て引き留められる場合もあります。

まず考えられる理由として、あなたが会社にとって必要とされている場合であり、なんとか説得しようとする上司もいます。

しかしこのような引き留められた場合でも、あなたは退職するという決意が変わらないことを貫きましょう。

もしも直属の上司が退職を認めないなら、さらに上の上司や人事部に相談しましょう。

また退職を申し出ても、待遇の改善や希望部署への配属などの条件を出して、退職を撤回させようとする場合もあります。

しかしこのような場合でも、あなたは退職の意志を貫くべきです。

なぜなら、このような改善の提案は口約束で守られないことがあるからです。

もしも待遇改善を提案されたら、本当に親身になって言ってくれているのか確認しましょう。

それで気持ちが揺らぐなら退職するかどうか、もう一度考えるべきです。

Published by